「スプレッド」とはFX投資は通貨を買ったり、売ったりすることによって利幅を生む商取引です。買ったり売ったりの値段は、1日中上下しています。これが為替レートです。テレビを見ているとドル円やユーロ円のマーケットの情報が流れる場面があります。よくあるのが「本日のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを提示しています。別の表現をすると外為取引には買いと売りの価格があります。売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX業者も存在しています。通常は売値のほうが買値よりも安くなっています。投資家が買うときには高く、売るときには安くなります。その差額をスプレッドといい、FX取引会社の儲けのひとつといわれています。スプレッドの広さはFX業者によって変化します。スプレッドの幅はみなさんにとって負担になるので小さい取引業者をセレクトするほうが有利になります。ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッド幅は変わります。もし平常時はドルと円のペアでたった1銭のスプレッドの幅だとしても相場の上げ下げがかなり大きい場合には1銭よりも大きくなったりする場面があります。ですから、スプレッドが狭いのと同じく、変化しないということが大切です。近頃では固定でスプレッド幅を表示するFX業者もいくつもあったりします。リアルに取引会社のトレード画面内で市場を見なければ見分けられないのですが必要な事です。大事な投資資金を使ってエントリーしますので、リアルな売り買いの前に気になるFX取引会社の新規口座開設をして、示されているスプレッドの狭さを確認しましょう。同じ通貨のペアでも外国為替市場の状態によって、スプレッド幅は異なることがあります。通常、インターバンクマーケットで流動性の高い通貨ペアではスプレッドが小さくその他の外貨ではスプレッドが広くなるのが普通です。